ドラマーに必要な同期用のクリックを作る!(テンポチェンジ対応)

ドラマーであれば、ライブをするときに同期をする場合もあると思います。

またはこれから同期をしなくてはいけない。。。

という人にむけて同期の準備の仕方を自分流で解説していきます。

 

まずはクリックだけを聴きながら演奏する

クリックを聴きながら演奏をするのは中級者以上ではいまや常識に近いスキルになっています。

 

このクリックを聴くということですが、よくある問題として難聴になるケースがあります。

個人的には周波数の問題もあるかなと思いますが。

聴いている全体の音域のバランスにも原因があると見ています。

 

例えば、バンドで聴いているとあまりうるさくないのですが、単品で聴いているとうるさく感じる音がありますよね。

あれは音のバランスが良いのでうるさく感じないということです。

これについてはまた別でお話しますね。

 

それでは早速、同期用のクリックを作成していきましょう。

解説で使うソフトは無料でも使えるStudioOneです。

筆者はStudioOne3Professionalを使っています。

クリックすると公式サイトに移動します
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

StudioOne

一連の流れをまず動画で見る

 

この動画で作成の基本を見て欲しい、そのうえで下記の解説を見てもらえればいいだろう。

 

1.StudioOneを起動

StudioOne

StudioOneを起動したら当然ですが、「新規ソング」をクリックして新しい楽曲プロジェクトファイルを作成しましょう。

 

2.「空のソング」をクリック

StudioOne

特に余計な設定は考えなくて、「空のソング」を作成しよう。

 

3.編集画面右にある「インストゥルメント」をクリック

StudioOne

 

ここで打ち込みに必要な音源を選択していく

StudioOne

基本は音が鳴れば何でもいいのだが、どうせならドラムの音がいいので、ドラムの音を探していこう。

 

StudioOne

「Mai Tai」というところにDRUMという文字が見えた!

だけど、セットではなかったが、、、まぁいい。

ここから使えそうな音を選ぼう。

 

ぶっちゃけ自分が良ければ何でもいいのだw

今回の説明では「DRUM – BD Tachyo」を選んでみた。

 

この文字の上でマウス左クリックを押しながら左の編集スペースにドラッグすればトラックが生成される。

以下の画面のようになればOK!

StudioOne

トラックの編集部分でマウスをダブルクリック!

そうしたらMIDI打ち込み用の編集領域が生成される。

 

画面の下にこのような画面が出てきたらOKだ!

StudioOne

ここでMIDI編集を簡単にするためクオンタイズの音符の長さを「1/16」から「1/4」に変えよう

このクオンタイズというのはその音符の位置に自動調整してくれるということ。

 

「1/16」だったら16符音符の長さのクリックした位置に合わせてくれるという事である。

だが、ドラマーが聴くのはほとんどが「1/4」であるのでここで「1/4」にしておこう!

これにより4符音符の位置以外には書き込みができないので入力が楽になる。

 

StudioOne

実際の書き込みについては動画を参照にしてほしい。

 

あとは作る長さだが1曲の長さを考えて6分くらいのものを作っておけば

違う曲だけど同じテンポの場合に使い回しができる。

StudioOne

 

曲の途中でテンポが変わるときはどうする!?

途中でテンポチェンジが出てくる場合もあるだろう。

メドレーとかで違う曲をまとめて1曲にする、例えば

Aという曲をワンコーラスやってすぐにBという曲、最後はまたAの曲で終わる!

という場合などである。

まずは動画を見て欲しい。

その上で解説をしていく。

 

テンポマップを編集する

StudioOne

赤丸で囲っている部分、そう、時計のマークみたいなものをクリックして欲しい。

そうすると楽曲全体のテンポマップが表示される。

 

StudioOne

テンポマップの編集は赤丸で囲っている「スライスツール」を使って編集する。

使い方は簡単、テンポチェンジをしたい小節にカーソルを合わせてクリックするとそこから分断される。

以下の写真のように2つに分かれていればOKだ!

StudioOne

今回は途中からテンポチェンジをして、また途中から元のテンポに戻る!

という仮定で進めるので、もう一箇所テンポを分断させる。

StudioOne

これで3つに分かれたらOK。

テンポを変更したい範囲をマウスで変更させたり、数値を入力したりして変更しよう。

これで途中でテンポチェンジに対応できるクリックが完成する。

StudioOne

 

今回のファイルを無料素材として提供します。

今回使用したStudioOneのクリックソングデータ→【zip形式でダウンロードする】

 

すぐに使えるテンポ別同期用クリック素材(MP3)

とりあえずすぐにあったものを素材として無料で提供します。

ご自由に使っていただいて大丈夫です。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



関連記事


ランキング